あおによし

奈良の地理、歴史、遺跡・古墳、寺院、建築・絵画、伝統行事などをノート形式でまとめたブログ です。
奈良検定受検対策と奈良情報、奈良の風景写真に関する内容が中心です。

あおによし イメージ画像
2016年8月6日にホームページ「aoniyoshi」http://eich516.comを開設し、当ブログの記事をベースとしたページを順次作成して、更新しています。

今後は活動の中心をホームページとしますので、当ブログは移行後、閉鎖する予定です(2017年8月予定)。

神野山自然公園

神野山に点在する巨石には、鍋倉渓を天の川に見立てて、次のように地上に星座を写すように石を置いたという説がある。 王塚  : 白鳥座のデネブ(夏の大三角形) 天狗岩 : わし座のアルタイル(夏の大三角形) 八畳岩 : こと座のベガ(夏の大三角形)【織女星】 ...

(こうのさん たいしのすずりいし) 幅約4m、長さ約3mの大岩で、岩の上に深さ20cmほどの窪みがある この窪みにはいつも水がたまっていて、あふれもせず、枯れることもない 大師の硯石 昔、弘法大師が神野山へ登るときに、村人に「困っていることはないか」と尋ねた ...

(こうのさん てんぐいわ) 神野山の山頂付近にある巨石。 本体の東面に模様らしきものが確認されているが、詳細はわかっていない。 一説には、鍋倉渓を天の川に見立て、わし座のアルタイル(ひこ星)を表していると考えられている。 ...

(こうのさん りゅうおういわ) 神野山の鍋倉渓の中央付近に位置し、御神体として祭られている巨石。 一説には、鍋倉渓を天の川に見立てて、さそり座のアンタレスを表しているとも言われている。 竜王岩 竜王岩(横から) 竜王岩を祀っている神社の鳥居 ...

(こうのさんしぜんこうえん なべくらけい) 神野山自然公園の東西を延長約650m、幅平均約25mに渡って、川のように巨岩怪石が堆積している。 また、この谷を流れ下る水は岩石の下を深く伏流し、岩の間からかすかにその水音のみを聞くことができる。 鍋倉渓 神野山周辺 ...

2016.5.7撮影 神野山の山頂付近に咲く朱色のツツジ。朝霧で花弁に残った水滴が瑞々しさを引き立てている。 ここは全体的に咲き誇るという感じではなく、木によって花の状態が異なるので、見頃となっている箇所を見つけて、アップで撮影した。 ...

(こうのさんしぜんこうえん) 所在地 奈良盆地と伊賀盆地の間に位置し、大和高原のほぼ中央部にある神野山(標高618.8m)を中心とする 歴史 昭和50年(1975) 奈良県立の自然公園として最後に指定(名称:県立月ヶ瀬神野山自然公園) 昭和60年(1985) 以 ...

↑このページのトップヘ