(びょうどうじ) 公式サイト 大神神社の神宮寺として繁栄した寺。寺伝によると、聖徳太子が開いた大三輪寺に始まり、鎌倉時代初期に慶円上人が再興し、平等寺と改称した。 当時は東西500m、南北300mの境内に堂宇が立ち並び、大御輪寺(だいごりんじ)とともに大神神社の神 ...