(かなやのせきぶつ) 金屋の集落から大神神社へと続く三輪山麓の山の辺の道沿いの堂の中に、二面の石仏が安置されてる。 凝灰岩製の長方形の板(高さ約2m、厚さ約21cm)に、仏身・二重円光の光背・蓮華座を薄浮彫りにし、これを線刻を施したもので、用材は石棺の板石を転用 ...