(てんむ・じとうてんのうりょう) 野口王墓古墳 明治13年に京都高山寺で発見された『阿不幾乃山陵記(あおきのさんりょうき)』の記述により、天武・持統天皇陵に治定された(以前は、見瀬丸山古墳が天武・持統天良陵とされていた)。 『阿不幾乃山陵記』は文暦2年(1235 ...