(ふたいじ) 公式サイト 正式には不退転法輪寺。住宅街の細い道の先に現れる重厚な四脚門が不退寺の南門。 平安初期の歌人・在原業平(ありわらのなりひら)がその住まいを寺へと改めたことから別名を「業平寺」ともいう。 境内には、優美な本堂や多宝塔が立つ他、春先の ...