(あきしのでら) 西大寺の北方、のどかな秋篠の里にある。 寺の入口は東門と南門があり、本堂へと閑静な雑木林と苔むした庭が続く正門の南門から入ると、大和路の古刹を訪れた雰囲気を一層感じることができる。 境内には歌碑も点在し、芸術家たちの心を刺激してきたことが ...