(あすかきょうあと) 明日香村の中央部、岡寺山から張り出す段丘の上に置かれた飛鳥時代の宮殿遺跡である。 昭和34年(1959)から発掘調査が行われ、三時期の宮殿にかかわる遺構の存在が確認されている。 これを古いものから順に、Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期と呼んでいる。 検出し ...