(さいぎょうあん) 金峯神社前の坂道を登って右方への道をたどると、やがて左手に下がる道が分岐する。 付近は奥の千本、桜林の中を下ると南向きの台地にささやかな西行庵がある。かつてを偲んでの小さな庵である。 『新古今和歌集』の代表的歌人として知られる西行法師( ...