1999年から始まり、毎年夏の10日間(2013年は8/5~14)、古都奈良をろうそくの灯りで照らすイベントである。 『燈花』とは、灯心の先にできる花の形のかたまりのことで、これができると縁起が良いと言われているようであり、 『なら燈花会』は訪れた人々が幸せになります ...