(にいざわせんづかこふんぐん) 新沢千塚とは、標高約210mの貝吹山から西・北方に舌状に広がる低丘陵状に立地する約600基(500基ともいわれる)の古墳群をいう。 この古墳群の最大の特徴は、群集形成時期が5世紀後半を中心とすることで、他の古墳群より約半世紀も早く最盛 ...