(ずとう) 東大寺南大門の南約950m、新薬師寺から西北西約700mの位置に築かれた方形七段の土塔。表面を石で覆い石仏を配している。 『七大寺巡礼私記』に僧・玄昉の首塚とあることとが、その名の由来とされているが、本来の土塔(どとう)がなまって頭塔(ずとう)と呼ばれ ...