(やぎゅうじんやあと) 柳生藩は、参勤交代をしない江戸常住の定府(じょうふ)大名で、国元には陣屋を置くのみで、城下町の発展はなかった。 柳生氏の屋敷は、代々、紅葉橋付近にあった。柳生宗矩(むねのり)は寛永15年(1638)、亡父菩提のため芳徳寺を建立、続いて柳 ...