(たきさかのみち) 江戸時代、柳生に通じる道は、江戸から伊賀上野を通って柳生に至る江戸街道、京都から笠置を通り柳生に至る伊賀街道、そして奈良から忍辱山を通り柳生に至る柳生街道の3通り存在していたといわれる。 その柳生街道の一部で、奈良市高畑町から春日山と高 ...