あおによし

奈良の地理、歴史、遺跡・古墳、寺院、建築・絵画、伝統行事などをノート形式でまとめたブログ です。
奈良検定受検対策と奈良情報、奈良の風景写真に関する内容が中心です。

あおによし イメージ画像
2016年8月6日にホームページ「aoniyoshi」http://eich516.comを開設し、当ブログの記事をベースとしたページを順次作成して、更新しています。

今後は活動の中心をホームページとしますので、当ブログは移行後、閉鎖する予定です(2017年8月予定)。

【奈良市・大和高原】

(かすがたいしゃ なないろのやどりぎ) 廻廊内北西隅の宝庫の東側の風宮神社の垣の中にある カゴノキを母樹として、ツバキ、ナンテン、ニワトコ、フジ、カエデ、サクラが着生したことに由来する 風宮神社のかたわらであることから、風神の威力によっていろいろな種を運ん ...

(かすがたいしゃ かいろう) 【重要文化財】 治承3年(1179)創建 連子窓で中央を仕切る それを中心に左右の屋根裏に各々棟をつくる さらに大棟をつくる複廊形式の三棟造 同種の遺構はほとんどなく貴重なものである Kairo in Kasugataisha Shrine Important Cultur ...

(かすがたいしゃ ふじなみのや) 江戸時代まで神職の詰所であった 燈籠に浄火をともす春日万燈籠が行われている 春日大社には平安時代から現代までに奉納された燈籠が約3,000基ある 歴史的な資料とされる室町時代以前の燈籠の60%以上が春日大社にあると言われる 藤浪之 ...

(かすがたいしゃ うねめじんじゃ) 御祭神 : 采女命(うねめのみこと) 御例祭 : 旧8月15日(仲秋) 采女神社本殿にて祭典が執行され、仲秋の明月の月明りが猿沢の池に映る頃、龍頭船の花扇を移し、鷁首(げきす)船と共に、二隻の船は幽玄な雅楽の調べの中、猿沢の池 ...

2016.4.30撮影 唐招提寺の鑑真和上御廟の山門からの小路の両脇にある苔の風景はとても趣があり、癒されるので気に入っている。 この日は、日の光の入り方も強く、一面の苔の風景にアクセントを与えているように感じた。そのイメージを切り取ってみた。 ...

(かすがたいしゃ ひとことぬしじんじゃ) 御祭神 : 一言主大神 御例祭 : 6月5日 一事(ひとこと・1件)真心を込めて祈願すると必ず叶えると信仰されている 一言主神社 ...

(かすがたいしゃ そうぐうじんじゃ) 御祭神 : 総宮大神(天照大神、八幡大神、春日大神、白山大神、三光宮、二上権現、窪弁財天、北向荒神、睡神社) 御例祭 : 6月5日 午前10時 住居を授けられるとともに、居宅安全、防災、家内の和合を守ることに対して御神徳がある ...

(かすがたいしゃ しきゃくもん) 創建年不明 明治時代に桂昌殿の後方部分が増築され、社務所として使われていた時の正門 明治時代の「諸建築明細図」には春日大社の繪所(えどころ)であった上之屋の門を移設したとある Shikyakumon in Kasugataisha Shrine Nara Ci ...

(かすがたいしゃ さかどの) 【重要文化財】 貞観元年(859)創建と伝わる 天平勝宝2年(750)の記録に初見し、春日祭にお供えする神酒を醸造する所 内部には、大甕(おおかめ)がすえてあり、現在も濁酒を醸造してお供えしている 酒殿 酒殿の前の風景(新緑) ...

(かすがたいしゃ へついどの) 【重要文化財】 貞観元年(859)創建 御祭神は、興津彦神(おきつひこのみこと)と興津姫神(おきつひめのかみ) 中に竃(かまど)が設けられている 春日大社の例祭春日祭の神饌(熟饌といい煮炊きしたお供え)を調理する所 竃殿 竃殿 ...

(かすがたいしゃ けいしょうでん) 元禄12年(1699)創建 5代将軍綱吉の母である桂昌院の寄進によることから『桂昌殿』と呼ばれている 天下泰平を祈願する建物の「祈祷殿」である 東方の1間、2間分が祭壇となり、両脇の控間にわかれている 桂昌院 ...

(かすがたいしゃ うしろどの) 後殿御門は明治維新以来長く閉ざしたままになっていた 第六十次式年造替を機に約140年ぶりに開門 本殿のほぼ真後ろにある庭にあり、災難厄除けの霊験あらたかな神々を祀っている 後殿(手前から佐軍神社、杉本神社、海本神社、栗柄神社 ...

神野山に点在する巨石には、鍋倉渓を天の川に見立てて、次のように地上に星座を写すように石を置いたという説がある。 王塚  : 白鳥座のデネブ(夏の大三角形) 天狗岩 : わし座のアルタイル(夏の大三角形) 八畳岩 : こと座のベガ(夏の大三角形)【織女星】 ...

(こうのさん たいしのすずりいし) 幅約4m、長さ約3mの大岩で、岩の上に深さ20cmほどの窪みがある この窪みにはいつも水がたまっていて、あふれもせず、枯れることもない 大師の硯石 昔、弘法大師が神野山へ登るときに、村人に「困っていることはないか」と尋ねた ...

(こうのさん てんぐいわ) 神野山の山頂付近にある巨石。 本体の東面に模様らしきものが確認されているが、詳細はわかっていない。 一説には、鍋倉渓を天の川に見立て、わし座のアルタイル(ひこ星)を表していると考えられている。 ...

(こうのさん りゅうおういわ) 神野山の鍋倉渓の中央付近に位置し、御神体として祭られている巨石。 一説には、鍋倉渓を天の川に見立てて、さそり座のアンタレスを表しているとも言われている。 竜王岩 竜王岩(横から) 竜王岩を祀っている神社の鳥居 ...

(かすがたいしゃ たがじんじゃ) 廻廊内の北西隅に位置する 御祭神 : 伊弉諾命(いざなぎのみこと) 御例祭 : 4月22日 生き物・生命の根源を司り、延命長寿の信仰が篤い 東大寺中興の祖・重源上人が焼失した大仏殿を復興できた故事により、仕事の完遂を導くとも信仰さ ...

(とうしょうだいじ ちゅうこうどう) 覚盛上人(かくじょうしょうにん)没後750年の御遠忌記念事業として建立 建築様式は鎌倉様式 屋根は寄棟造、本瓦葺 正面3間蔀戸、内明障子引き違い 側面は正面より前2間は横舞良戸(よこまいらど)引き違い、内明障子片引き、その他 ...

(ちょくがく) 【重要文化財】 木製 縦148.0cm・横117.0cm 唐招提寺の南大門に掲げられていた扁額 ⇒ 講堂内に収蔵 孝謙天皇(718~770)の御筆と伝えられ、講堂または中門に掲げられていたと伝わる 文字は王義之(おうぎし)の書風にならった細身の行書 字の輪郭線か ...

(かすがたいしゃ しんえん まんようしょくぶつえん) 昭和7年(1932)に国内最古の萬葉植物園として、萬葉集にゆかりの深い春日野の地に開園 萬葉園、椿園、藤の園の3つのエリアで構成(約3ha : 約9,000坪) 約300種の萬葉植物を植栽 園内中央には600坪の池があり、そ ...

↑このページのトップヘ