あおによし

奈良の地理、歴史、遺跡・古墳、寺院、建築・絵画、伝統行事などをノート形式でまとめたブログ です。
奈良検定受検対策と奈良情報、奈良の風景写真に関する内容が中心です。

あおによし イメージ画像
2016年8月6日にホームページ「aoniyoshi」http://eich516.comを開設し、当ブログの記事をベースとしたページを順次作成して、更新しています。

今後は活動の中心をホームページとしますので、当ブログは移行後、閉鎖する予定です(2017年8月予定)。

【葛城】

(さみたたからづかこふん) 国史跡 所在地 河合町佐味田小字貝吹にある ⇒ 貝吹山古墳ともいわれる しかし、貝吹山古墳と名付けられた別の古墳が隣接して存在するので、地元では黄金山と称している 墳丘 前方後円墳(北東向き)、全長111.5m 前方部:幅4 ...

(みつよしりょうぼさんこうち) 新木山古墳 所在地 馬見古墳群中央群の中核をなす 南北走向の低位丘陵から東へ派生する小支丘を利用して築造されている 墳丘 前方後円墳、全長約200m 前方部:幅118m、高さ17m 後円部:径117m、高さ19m 主軸はおおむね東西 ...

(にんじはいじあと) 国史跡 所在地 北流する葛下(かつげ)川に沿って、国道168号線が並走する香芝市北端の尼寺に廃寺跡が遺存している 尼寺廃寺跡は北遺跡(北廃寺)と南遺跡(南廃寺)の2つからなっている 北遺跡から南遺跡までは約200m 発掘調査 平成 ...

(くだらじ) 當麻寺西南院の兼務寺。『日本書紀』の舒明天皇11年(639)7月条「今年、大宮及び大寺を造作らしむ」との記事に見える百済大寺の伝承の地とされる。 百済大寺は、聖徳太子建立の熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)の流れを汲む寺院とされ、そのあと、藤原京の大官 ...

(どんつるぼう) 香芝市にある田尻峠から穴虫峠にいたる約1,600mにおよぶ特異な自然景観で昭和26年(1951)に県の天然記念物に指定された。 二上山から流紋岩質の火砕流が爆発とともに噴出し、角レキや火山灰が沈降によって形成された湖に堆積し、白っぽい凝灰岩となった。 ...

(かつらぎさん) 御所市と大阪府千早赤阪村の境界にそびえる山で、標高959mの金剛山地の一峰である。南北に延びる金剛山地のうちで、水越峠より北を指すが、山頂部がなだらかな高原状になっていることから葛城高原と呼ばれることが多い。 山名は『日本書紀』に記された足 ...

(こせやまこふんぐん) 総数が700基以上におよぶ全国屈指の大型群集墳。宮山古墳の背後にある巨勢山丘陵の尾根上に立地する。直径10m前後の小規模古墳が主体で、前方後円墳や方墳なども含まれる。 埋葬施設は木棺直葬と横穴式石室が多く、横口式石槨もある。横穴式石室に ...

(みずどろこふん) 二基の古墳で、今木双墓(いまきのならびはか)とも呼ばれている。いずれも埋葬施設は横穴式石室である。 北古墳(塚穴古墳)は直径約20mの円墳で、巨石を用いた両袖式の横穴式石室は南に開口する。側壁は天井部付近で石材を持ち送る形態をとり、奥壁・ ...

(こせでらあと) 近鉄吉野線とJR和歌山線が連接する吉野口駅のやや北方の両線にはさまれた三角形状の地に、塔跡とその心礎が残る。その傍らには、大日堂という小さな堂に転用された礎石がある。 巨勢寺は古代豪族巨勢氏の氏寺であったと伝えられるが、『日本書紀』朱鳥元 ...

葛城山の南斜面全体にツツジが咲き誇る自然つつじ園がある。見頃となる5月中旬は多くの観光客で賑わう。 ロープウェイを降りて、南へ道なりに進むと、満開のつつじが視界に入ってくる。柔らかい紅といった感じの赤味に染まった山肌の風景はとても印象的。 南側を望む ...

(みややまこふん) 室大墓古墳、室宮山古墳とも呼ばれる。前方部を西に向けた前方後円墳で全長238mの規模を持つ葛城地方最大の前方後円墳である。前方部の北側には造出しと異なる張出し部をもち、南側にも同様のものがあったと考えられており、全国的にも珍しい形状である。 ...

船宿寺は関西花の寺二十五ヵ所の第22番の寺であり、四季折々の花を楽しむことができる古刹である。 少し見頃は過ぎたが、境内をツツジやシャクナゲ、オオデマリが彩る風景を撮影した。 ツツジは山門前の参道と山門から本堂までの参道に沿って咲いている。境内はだいぶ枯れ始 ...

高田川畔の千本桜は、市制施行の昭和23年(1948)に植樹されたもので、 千本桜は、樹齢60年超の年輪を重ねた桜並木のことである。 例年3月下旬から4月上旬に見頃となり、大中公園を中心に川の両岸南北2.5㎞にわたり、桜が川面を覆うように咲き誇る。 また、ライトアップも ...

(ふどういん) 通称は大日堂という。本堂の棟木に残された墨書銘によると、もとは金輪山証菩提寺といい、聖徳太子の建立と言われる。また、古い記録では光明皇后が再建し、その後破却され、文明15年(1483)に高田城主・當麻麻為長が大願主となって建立したと伝え、本堂が ...

(せんりゅうじ) 公式サイト 高田御坊という。慶長5年(1600)に本願寺十二世准如が、新庄に陣屋をおいた大名桑山氏から高田に寺地の寄進を受けて、現在地に一宇を建立し専立寺と号したことに始まる。 百余りの末寺を従えた御坊となり浄心四世の孫である宗清が看主となっ ...

(いそのにますたくむしたまじんじゃ) 公式サイト 高田市駅の北、国道166号線に西面して鎮座する。『新撰姓氏録』には「多久都玉命(たくづたまのみこと)」とあり、古代には爪工連(つまたくみのむらじ)が祖神を祀った。現在は、主神に建玉依彦命(たけたまよりひこのみ ...

日時 : 毎年2月11日 場所 : 廣瀬神社境内 「大忌祭」の中で行われた一行事であり、『日本書記』には天武天皇4年より始まったことが伝えられている。朝廷より五位以上の王臣各1人、神祇官六位以下各1人が使として派遣され、五穀豊穣を祈願した祭である。 この祭の中 ...

2013.01.03撮影 夕暮れ前、ナガレ山古墳に上って西方を望んで、冬の空と太陽を撮影。この日は曇りで、一面雲が多かった。 露出をマイナス、明るさも落として撮影すると、幻想的な雰囲気になった。今年撮影した風景写真で最も気に入っている一枚。 ...

(ひらばやしこふん) 国道165号線如意バス停から北へ約30m、太田の交差点を西に山側へ進むと、兵家集落の奥に水道局の浄水場があり、これに隣接している全長62mの前方後円墳である。後円部径25m、前方部幅35mであり、西南の山側に向いて築造されている。前方部が後円部より ...

(ふたつかこふん) 全長60m、後円部径36m・高さ10m、前方部の幅41m・高さは後円部とほぼ同じで、ほぼ南北に主軸をもつ前方後円墳である。西側のくびれ部には造出しが明瞭にみられ、前方部・後円部・造出し部のそれぞれに横穴式石室がある。6世紀中頃の古墳に3つの石室があ ...

↑このページのトップヘ