あおによし

奈良の地理、歴史、遺跡・古墳、寺院、建築・絵画、伝統行事などをノート形式でまとめたブログ です。
奈良検定受検対策と奈良情報、奈良の風景写真に関する内容が中心です。

あおによし イメージ画像
2016年8月6日にホームページ「aoniyoshi」http://eich516.comを開設し、当ブログの記事をベースとしたページを順次作成して、更新しています。

今後は活動の中心をホームページとしますので、当ブログは移行後、閉鎖する予定です(2017年8月予定)。

陸陵

(みつよしりょうぼさんこうち) 新木山古墳 所在地 馬見古墳群中央群の中核をなす 南北走向の低位丘陵から東へ派生する小支丘を利用して築造されている 墳丘 前方後円墳、全長約200m 前方部:幅118m、高さ17m 後円部:径117m、高さ19m 主軸はおおむね東西 ...

(じょめいてんのうりょう) 段ノ塚古墳 現在地の状況が『日本書紀』『延喜式』の記述とよく一致し、舒明天皇の陵である可能性が高いと考えられている。 三段の方形壇の上に八角形の墳丘が築かれる、八角形墳の一つとされているが、墳丘調査の結果、単純な八角形に復元する ...

(げんしょうてんのうりょう) 現在は道路が丘陵の真ん中を通るため分断されているが、元々は元明陵と同じ丘陵に立地する。元明陵が現在地に治定された後に、現在地が陵とされ、幕末に修陵された。 慶応元年に治定され、元明陵と併せて整備が図られたものと考えられる。 ...

(げんめいてんのうりょう) 元明天皇は第43代天皇であるが、生前から自らの葬儀は簡略に実施することを遺命とした。すなわち火葬した場所をそのまま墓とせよという薄葬の思想であり、現在その陵は平城山の西方に延びる丘陵上に治定されている。 現在の地に治定された経緯 ...

(しょうむてんのうりょう・こうみょうりょう) 佐保山が西へ延びていく丘陵の南斜面に並列するように位置し、二陵とも陵形は山形であり、墳塋(ふんえい)の状況は明らかでない。陵墓地形図から、陵の最高所に円丘状の高まりを見出すことができるが、原初の形状を示してい ...

(せんかてんのうりょう) 鳥屋見三才(ミサンザイ)古墳 「ミサンザイ」は「みささぎ」の訛ったものであるとされ、古くから伝承をもっていたことを示している。宣化天皇陵としては現在地のほかに、丸山古墳もその候補とされたが、丸山古墳が蘇我氏系の墳墓である説が強く ...

(へいじょうてんのうりょう) 市庭古墳 佐紀盾列古墳群の中央部に位置し、平城宮跡北端の東側に見える丘のようなものである。 現状は直径105m、高さ13mの円墳となっているが、発掘調査によって、平城宮造営に伴い、前方部が平城宮内裏北外郭に取り込まれるかたちで、 ...

(ひばすひめりょう) 佐紀陵山古墳 成務天皇陵の東側に接して築かれた前方後円墳であり、佐紀三陵の中では最もよい場所を占地している。墳丘は全長203m、後円部径は約127mである。 現在は、垂仁天皇の皇后・日葉酢媛命陵として治定されているが、江戸時代には神功 ...

(せいむてんのうりょう) 佐紀石塚山古墳 佐紀古墳群の西群を占める古墳で、日葉酢媛命陵、称徳天皇陵とともに「佐紀三陵」と呼ばれている。 この三陵の中で台地の西縁に築かれたためか、墳丘の東と西では数mの比高差がある。さらに前方部の長さも拝所を挟んで数mの ...

(じんぐうりょう) 五社神古墳 佐紀古墳群のうち西群の一画を占め、主軸はほぼ南北に向ける前方後円墳で、北西から延びる尾根を成形した、いわゆる丘尾切断によって築造されたものである。 全長は273m、後円部径194m、前方部幅168m、周囲には現在7つに区分された濠がめぐ ...

(きんめいてんのうりょう) 梅山古墳 吉備姫王墓の約100m北方にある。前方部を西に向けて築かれた前方後円墳で、全長約140m、3段築成の墳丘を持つ。 東西に延びる尾根筋の斜面を、コの字形に大規模に削って築造されてるため、馬蹄形の周濠に囲まれているが、西・北・東側 ...

(てんむ・じとうてんのうりょう) 野口王墓古墳 明治13年に京都高山寺で発見された『阿不幾乃山陵記(あおきのさんりょうき)』の記述により、天武・持統天皇陵に治定された(以前は、見瀬丸山古墳が天武・持統天良陵とされていた)。 『阿不幾乃山陵記』は文暦2年(1235 ...

(けいこうてんのうりょう)  渋谷向山古墳 崇神天皇陵と同じく龍王山麓の丘陵上に前方部を西に向けて立地する前方後円墳で、全長は約300m、前期古墳の中では最大規模を誇る。このことは古墳時代の前期にあって、この地域が最も大きな権力を保有していたであろうことを示 ...

(ふすまだりょう)  西殿塚古墳 本墳は継体天皇皇后の手白香皇女(たしらかこうじょ)の衾田陵に治定されている。龍王山麓に位置し、前方部を南に向ける。すぐ東には東殿塚古墳が主軸を揃えて存在している。全長は230m、後円部径は145mである。最大の特徴は、東から西 ...

(すじんてんのうりょう)  行燈山古墳 大和盆地東南部に展開する大和古墳群の中核をしめる古墳の一つ。アンド山古墳・南アンド山古墳を含めて周辺の古墳4基が陪塚に指定されている。龍王山麓の西に延びる丘陵上に築かれた全長242m、後円部径158m、前方部幅約100mの前方 ...

(じんむてんのうりょう)  畝傍山の北東の麓、橿原神宮に北接し、円丘で周囲は約100m、高さ5.5mの広い植え込みがあり、幅約16mの周濠をめぐらせている。 『日本書紀』、『古事記』によると、初代天皇とされる神武天皇(在位:前660年~前585年)は日向(宮崎)地方から、 ...

(すいにんてんのうりょう) 宝来山古墳 尼ヶ辻駅のすぐ西側、満々と水を湛えた濠の向こうに、緑の小山が見えてくる。これが第11代垂仁天皇の御陵として宮内庁が管理する菅原伏見東陵である。 濠を備えた前方後円墳の風景としては、最も美しい古墳の一つである。大きさは ...

↑このページのトップヘ