あおによし

奈良の地理、歴史、遺跡・古墳、寺院、建築・絵画、伝統行事などをノート形式でまとめたブログ です。
奈良検定受検対策と奈良情報、奈良の風景写真に関する内容が中心です。

あおによし イメージ画像
2016年8月6日にホームページ「aoniyoshi」http://eich516.comを開設し、当ブログの記事をベースとしたページを順次作成して、更新しています。

今後は活動の中心をホームページとしますので、当ブログは移行後、閉鎖する予定です(2017年8月予定)。

自然

(こうのさん たいしのすずりいし) 幅約4m、長さ約3mの大岩で、岩の上に深さ20cmほどの窪みがある この窪みにはいつも水がたまっていて、あふれもせず、枯れることもない 大師の硯石 昔、弘法大師が神野山へ登るときに、村人に「困っていることはないか」と尋ねた ...

(こうのさん てんぐいわ) 神野山の山頂付近にある巨石。 本体の東面に模様らしきものが確認されているが、詳細はわかっていない。 一説には、鍋倉渓を天の川に見立て、わし座のアルタイル(ひこ星)を表していると考えられている。 ...

(こうのさん りゅうおういわ) 神野山の鍋倉渓の中央付近に位置し、御神体として祭られている巨石。 一説には、鍋倉渓を天の川に見立てて、さそり座のアンタレスを表しているとも言われている。 竜王岩 竜王岩(横から) 竜王岩を祀っている神社の鳥居 ...

(こうのさんしぜんこうえん なべくらけい) 神野山自然公園の東西を延長約650m、幅平均約25mに渡って、川のように巨岩怪石が堆積している。 また、この谷を流れ下る水は岩石の下を深く伏流し、岩の間からかすかにその水音のみを聞くことができる。 鍋倉渓 神野山周辺 ...

(こうのさんしぜんこうえん) 所在地 奈良盆地と伊賀盆地の間に位置し、大和高原のほぼ中央部にある神野山(標高618.8m)を中心とする 歴史 昭和50年(1975) 奈良県立の自然公園として最後に指定(名称:県立月ヶ瀬神野山自然公園) 昭和60年(1985) 以 ...

2016.4.16撮影 市尾駅から東に向いて田舎道を散策していた時に、高取町与楽で撮影した春暖の田園風景。 ポカポカと暖かく、歩くと少し汗ばむ陽気が気持ち良かった。 ...

2014.11.02撮影 山上川に架かる洞川温泉センター近くの橋の上から秋の装いの川の流れを撮影。 基本的に三脚は使わないので、手持ち撮影。拡大すると若干ブレている感じがするかな。 天候は曇り時々小雨といった感じだったので、落ち着いた色合いになったかな。 ...

(めんふどうしょうにゅうどう) 昭和8年(1933)9月洞川の住民に発見され、それより約15年の歳月を費やして、発見者のひとりである井口晃によって観覧できるように整備された。 洞は全長約280m、最大の洞穴は直径約5~6m、高さ10m以上の規模であり、関西地方では最大規模と ...

(どろはっちょう・どろきょう) 瀞八丁は、吉野熊野国立公園に含まれる景勝地で、瀞峡の一部を指す名称。 瀞峡は、奈良県南東部に発して、三重県、和歌山県の県境を流れて熊野川に注ぐ北山川の峡谷をいう。 瀞とは深い淵では流れが静止して見えることを意味するが、元は泥や ...

(せいれいのたき) 蜻蛉(せいれい)とはトンボのことである。雄略天皇がこの地に行幸の際に、狩人に命じて獣を馳り、自ら射ようとしたときに、突然大きな虻(アブ)が飛んできて、雄略天皇の臂に喰いついた。そのときに何処からともなく蜻蛉が現れ、その虻を噛み殺したの ...

(おおだいがはら) 公式サイト 吉野郡上北山村と三重県の境にある台高山脈南端に位置する標高1,500m前後の台地。吉野熊野国立公園に属する。 山頂域には牛石ヶ原、正木ヶ原、西大台ヶ原などの高原状の平坦地が広がり、周囲を日出ヶ岳(1,695m)、三津河落山(1,654m)、経 ...

飛鳥歴史公園は甘樫丘、高松塚、石舞台、祝戸、キトラ古墳周辺の5つの地区で構成される。 祝戸地区(いわいどちく)は石舞台地区の南西に隣接し、飛鳥歴史公園内に唯一ある宿泊施設「祝戸荘」や飛鳥稲淵宮殿跡があるが、 芝生広場があり、気候の良い季節には、家族連れで賑 ...

(どんつるぼう) 香芝市にある田尻峠から穴虫峠にいたる約1,600mにおよぶ特異な自然景観で昭和26年(1951)に県の天然記念物に指定された。 二上山から流紋岩質の火砕流が爆発とともに噴出し、角レキや火山灰が沈降によって形成された湖に堆積し、白っぽい凝灰岩となった。 ...

(びょうぶいわ) 天然記念物 標高868m、兜岳の南西に屏風のように柱状節理の巨大な岩壁が連なっている。高さは約200m、長さは約1,500mにわたる。 この岩は、室生火山岩主部の流紋岩質溶結凝灰岩で、十数mから450mの層を形成していることから、火山活動が何回か繰り返された ...

(おかだのたにのはんげしょうえん)  現地に掲げられている解説によると、半夏生の名前の由来は、半夏生(太陽の黄経が100°になる日)の頃に花を咲かせるという説と、葉の一部を残して白く変化する様子から「半化粧」とする説があるとのこと。 また、葉の片面(表面)だ ...

(かつらぎさん) 御所市と大阪府千早赤阪村の境界にそびえる山で、標高959mの金剛山地の一峰である。南北に延びる金剛山地のうちで、水越峠より北を指すが、山頂部がなだらかな高原状になっていることから葛城高原と呼ばれることが多い。 山名は『日本書紀』に記された足 ...

(かすがやまげんしりん) 世界遺産(古都奈良の文化財) 御蓋山(283m)東の花山(497m)芳山も含め、春日大社背後の山を総称して春日山といい、奈良市の市街地の東側に屏風のようにそびえる南北に長い山地である。平城京の昔から都人に散策の地として親しまれてきた山で、 ...

(つきがせばいりん) 奈良県の三大梅林 奈良県の北東端、京都・三重との県境部にある月ヶ瀬を流れる名張川が刻む雄大なV字谷の両岸に広がる梅林。月ヶ瀬橋を中心に、右岸の高原部・尾山地区および下流部の桃香野地区にかけて1万本超の梅の木が植えられている。尾山から月 ...

(にじょうざん) 葛城市當麻と大阪府太子町にまたがる。二上山火山群の主峰で、雄岳(標高516m)と雌岳(標高474m)の二峰から成る。 古代の人々は二峰を男女の二神に見たてて「二神山(ふたかみやま)」という名でも呼んだ。トロイデ式の旧火山であるがその火口は明らか ...

(やまとさんざん) 橿原市に所在する。藤原京を中心として、西に位置する畝傍山、北に位置する耳成山、東に位置する天香久山の3つの山の総称。 これらの山々は『万葉集』などにもあるように、いにしえの時代から多くの歌人によって詠われ、人々に親しまれており、橿原周辺 ...

↑このページのトップヘ