(ひそでらあと・せそんじ) 聖徳太子建立諸寺の一つに数えられており、吉野寺・現光寺・比蘇寺などと称されたこともある。現在は、禅宗の世尊寺となっている。 奈良時代には「釈門之秀」として道慈(入唐して三論と密教を学び、養老2年帰国)と共に並び称せられたといわれる ...