(あなしにいますひょうずじんじゃ) 谷川の水を引いた水路があり、落ち着いた佇まいである穴師の集落の北側に道が三差路となった箇所があり、そこを右に折れ、坂道をのぼったところ、巻向川の北側に鎮座する。 社伝によれば垂仁天皇2年の鎮座という。天平2年(730)、神戸 ...